ピストンを磨きます。ピストンの動きを本来の動きにするためにしっかり磨きましょう。ただし、傷をつけないように注意してください。コンパウンドを使い綺麗に磨きましょう。あまりにも錆びがひどいようなら交換しましょう。

この画像が掲載されているまとめ

この画像が掲載されているまとめ

TOPへ