バイク旅のお供!おすすめのツーリングテントとテント選びのコツ

バイクのキャンプツーリングで使用する、ツーリングテント。今回はツーリングキャンプ初心者にもおすすめのツーリングテントやテント選びのポイントをまとめてみました。バイクでキャンプツーリングに行きたいという方は、ぜひ参考にしてみてください!

バイクのツーリングテントについて

バイクのツーリングテントについて

バイクでキャンプツーリングに出かけるというのは、バイク乗りの方なら誰もが憧れると思います。そんなキャンプツーリングで、雨風避けや寝床などに必要になるのがテントです。まずは、どのようなツーリングテントが良いのか、テント選びのポイントを見ておきましょう。

バイクのツーリングテント選びのポイント

軽量でコンパクト

バイクで運ぶにあたって、軽量かつコンパクトに収納できるテントが便利だと思います。特に小さめのバイクなら重要な要素ですよね。

設営、撤収が簡単

バイクでのキャンプツーリングでは毎日のようにテントを設営し、撤収しなければなりません。これを数日間もしくは数週間毎日するのは面倒くさい作業だと思います。なので、簡単に設営、撤収できるテントがおすすめです。

フルフライであること

バイクのツーリングテント選びのポイント

ツーリングテントにはフルフライとハーフフライがあります。フルフライはテント全体を覆うタイプで、雨に強く、風からも守ってくれます。ハーフフライだと横殴りの雨は防ぐことが出来ないので、フルフライタイプのテントがおすすめです。

季節に合ったテント選び

バイクツーリングに出かける季節によって、テントの種類も変わってくると思います。夏なら通気性のいいもの、冬なら寒さを凌げるものなど、いつの季節に行くかというのを頭に入れてテント選びをしましょう。

雨風が凌げる

バイクのツーリングテント選びのポイント

バイクの場合は雨風が凌げる場所がありません。長くバイク旅に出るキャンプツーリングでは、突然の雨など悪天候に遭遇することもあり得るので、雨風に強いテントがおすすめです。また、テントに前室があると非常に便利です。例えば、雨具を脱いだり雨の時に料理なども出来、テントの中に荷物を持ち込まなくてもいいので快適に過ごせます。

バイクのツーリングテント選びのポイント

これらすべての条件に当てはまるテントは、なかなかないと思います。また、ツーリングテントに求める条件は、それぞれ用途や好みによっても違うでしょう。今回は、様々な用途に合ったツーリングテントを紹介するので参考にしてみてください。

おすすめのバイクのツーリングテント①

おすすめのバイクのツーリングテント①

キャプテンスタッグ クレセントドームテント(3人用)
サイズ:200㎝×200㎝×H130㎝
重量:2.5㎏
収納サイズ:約66㎝×14㎝×14㎝
部品:フライシート×1、インナーテント×1、ポール×2、スチールペグ×4

こちらのドーム型のツーリングテントは、設営や撤収も簡単で、バイクでの持ち運びも楽な軽さで、コンパクトに収納できるバッグ付きなのも便利です。また、テント全体をフライがすっぽり覆うフルフライ仕様なので雨の心配もなく、通気性も良いので夏も涼しく快適に過ごせます。初心者にもおすすめのツーリングテントです。

おすすめのバイクのツーリングテント②

おすすめのバイクのツーリングテント②

バンドック ツーリングテント BDK-17(1~2人用)
サイズ:幅210㎝×奥行200㎝×高さ115㎝
重量:2.3㎏
収納サイズ:46㎝×13.5㎝×13.5㎝
部品:ペグ、ロープ
耐水圧:1000㎜

こちらのツーリングテントは、インナーテント上部が換気に優れたメッシュ製なので、テント内では快適に過ごすことが出来ます。小物整理に便利なインナーポケットやミニランタンなどをかけられる天井フックも装備。また、前室と後室が用意されているので、荷物や靴などを置くのに便利です。

おすすめのバイクのツーリングテント③

おすすめのバイクのツーリングテント③

小川キャンパルテント アーデインST(2~3人用)
サイズ:縦275㎝×横幅220㎝×高さ125㎝
重量:幕体2.4㎏、ポール約1.0㎏
収納サイズ:50㎝×18㎝×18㎝
部品:ピン、張り綱、収納袋

秋や冬におすすめのツーリングテントです。シンプルなワイド設計で、大きな2つの出入り口は開放感があり、広い前室スペースが確保されています。ファスナーはワンアクションで開閉可能なので便利。頭上スペースも余裕があり、テント内でも快適に過ごすことが出来ます。居住性を求める方にもおすすめです。

おすすめのバイクのツーリングテント④

おすすめのバイクのツーリングテント④

DOPPELGANGER OUTDOOR(2人用)ワンタッチテント
サイズ:幅2110㎜×奥行1480㎜×高さ1110㎜
重量:2.4㎏
収納サイズ:約650㎜×150㎜
部品:ペグ、ストームロープ、専用バッグ

とにかく設営が簡単なのが良いという方におすすめのツーリングテントです。設営時間はたったの15秒!ポールを組み立てる作業が不要でテントを広げてロープを引っ張るだけなので、女性や初心者にも簡単に設営できます。また、メッシュ素材を採用しているので、通気性は抜群です。

最後に

バイクのツーリングテント

バイクツーリング用テントについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

バイクでの初めてのキャンプツーリングは、不安もあると思います。特にテント選びは、キャンプツーリングが快適になるかどうか重要な道具なので慎重に選びましょう。今回紹介した、バイクツーリング用テント以外にも色々な性能を持つテントがあるのでチェックしてみてください!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ