いざ大冒険へ!原付バイクに乗って、ツーリングに出かけてみよう

維持費が安くて手軽に乗れる原付バイクですが、シンプルな構造は意外にもタフな乗り物なのです。実はツーリングもこなしてしまう頼れる相棒であることを忘れていませんか?この夏は普段使っている原付バイクに乗って、どこか遠くへツーリングしてみましょう!

原付ツーリングにチャレンジしてみよう!

原付バイクのメリットはなんといっても維持費が安いことです。車と違い車検もありませんので、手軽に所有することができます。また燃費も圧倒的に良いので、ガソリン代もわずか。普段車に乗っている人でも、原付1台あるとなにかと節約できます。

原付スクーター

50cc原付スクーター
ホンダ・トゥデイ

そんな原付バイクですが、実はツーリングに使っても頼れる相棒となるんです。原付バイクは意外にタフで、長距離ツーリングもこなせます。しかも小回りがきき、狭い路地でもスイスイ走れるメリットがあります。

原付ツーリングのイメージ

気の向くままにふらっと出かける。原付だとツーリングも気軽に楽しめます。

原付バイクはスピードが遅い反面、流れていく景色をじっくりと楽しむことができます。普段車では見逃していたことも、原付ツーリングだと新たな発見に気づかされることが多いのです。そんな魅力的な原付ツーリングの世界をちょっと覗いてみませんか?

原付ツーリングのおすすめ車種

最初に説明した通り、原付バイクはナンバーがつく乗り物の中でも、車両価格も維持費も安価なメリットがあります。しかも大半の車種でツーリングを楽しめます。原付にはどのようなバイクがあるのか?紹介します。

原付ツーリング・スクーター

スズキ レッツ4

原付を象徴するバイク、スクーター

価格13万8240円

原付といえばまっさきに思いつくのがスクーターなのではないでしょうか。スクーターはクラッチがないので、運転も簡単です。メットインスペースもありますので、荷物置き場として活用でき、ツーリングに重宝します。ツーリングでは扱いやすさNo.1の原付です。

原付ツーリング・カブ

ホンダ スーパーカブ スタンダード

ツーリングでも圧倒的な丈夫さを誇る、ホンダのスーパーカブ。

価格 193,320円

タフネスさ、燃費の良さでツーリング使用においては圧倒的に信頼性の高い原付バイクです。リヤキャリアが幅広く、しっかりしているのでプラコンテナを積んで積載性を向上させるのも可能。中にはこの原付で、日本一周をこなすツワモノもいます。

原付ツーリング・レジャーバイク

ホンダモンキー

人気のホンダモンキー、くまモンの特別仕様車

価格 336,960円

キュートなスタイリングでレジャーバイクの地位を確固たるものにしたのがホンダモンキーです。非常に小さなバイクですが、ツーリングした時のワクワク・ドキドキは特別なものがあります。

原付ツーリングで持っていくと便利なもの

気軽な原付ツーリングですので、荷物も最小限度に抑えたいですね。そんな中でも、あったら便利なアイテムを紹介しましょう。

原付ツーリングの持ち物①

現代の生活必需品、スマートフォン。ツーリングに持っていくと大活躍します。

現在のライダーなら絶対持っておきたいのがスマートフォンです。写真を撮ったり、現在の状況をSNSでアップしたり、さらには地図かわりにと、ツーリングを楽しく盛り上げる機能が凝縮されています。万が一事故を起こしても、緊急時の連絡手段として使えます。

原付ツーリングの持ち物②

レインコートはバイク用のものを購入するのがおすすめです。

ツーリングしていると急激な天候の変化はよくある話です。そんなときにレインコートをひとつ持っていると、快適さは段違いです。普段は折りたたんでおけば、収納もそれほどかさばりません。

原付ツーリングの持ち物③

テント、ランタン、寝袋、テーブルなど主要なキャンプ道具一式

テントや寝袋、マットなどキャンプ道具があれば宿泊しながらの移動もできます。本格的な長距離ツーリングにチャレンジするなら、買いそろえてみるのも楽しみです。

原付ツーリングでの注意点

原付ツーリングはとても手軽なのですが、いくつかの注意点があります。そのポイントをまとめてみました。

原付ツーリング注意点①

ガソリンスタンドの場所がどのあたりにあるのか?確認しておきましょう

原付は燃費が良いメリットがありますが、ネックは燃料タンクの小ささ。そのため知らないうちにガソリンがなくなってガス欠の憂き目にあうことも。そんなトラブルにならないように、ガソリンスタンドの場所はある程度把握していたほうが安心です。長距離を走る間合いは事前に満タンにして、ガソリン残量がどのくらいあるのか?チェックしておきましょう。

燃料コックの切り替え

リザーブタンクの切り替えを上手に使って、ツーリング途中のガス欠を回避しましょう。

原付バイクには燃料をリザーブに切り替えるコックがありますので、これをうまく使ってガス欠にならないように注意して走行すると確実です。

原付ツーリングの注意点②

制限速度など、原付でも交通ルールを守りましょう。特にスピードの出し過ぎには要注意

原動機付自転車の場合は最高速度が30km/hに制限されていますので、スピードの出し過ぎには要注意です。ツーリング中は気分が良くなって、うっかりスピードが出てしまうもの。スピード違反でつかまらないよう、安全運転に心がけましょう。

原付ツーリング まとめ

原付ツーリング まとめ

原付バイクに乗って、ちょっと遠くへ出かけてみると、いつもとはまた違った視点でみることも。

原付バイクといっても、ツーリングの移動手段としてはとても頼れる相棒になります。

自宅からちょっと離れて、自然の景色を楽しんでみれば良い気分転換になります。

この記事を読んで原付ツーリングに興味を持っていただけたなら幸いです。

それでは最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ