ツーリングの本格シーズン突入!今年の夏はバイクキャンプに挑戦!

バイクに乗ったら、一度は本格的にツーリングでキャンプを楽しみたいですよね。そこでバイクツーリングの必須アイテムや、キャンプで気をつけたいポイントなど、情報をまとめてみました。バイクのツーリングキャンプは最高の思い出になること間違いなしです!

いざ、バイクツーリングキャンプの旅へ!

バイクを購入したら、一度はツーリングキャンプにでかけてみたいですよね。都会の喧騒から離れ、大自然の中で一日過ごすと気分もリフレッシュ。また次から仕事の励みになること間違いなしです。そんなバイクツーリングキャンプですが、どのように楽しんだら良いかわからない方も多いかと思いますので、ここで基本的な事柄や方法をご紹介していきます!

バイクキャンプツーリング

バイクでツーリングしたら大自然の中でテントを張って、キャンプを楽しんでみよう!

バイクキャンプツーリング 持って行きたいもの

バイクツーリングでキャンプすると言っても、何を持っていけばよいのか?初心者バイク乗りの方だとわかりませんよね。そこでバイクでキャンプ・ツーリングするときに、持って行きたい道具を紹介します。

バイク キャンプツーリング

バイクにキャンプ用の荷物を積みこむのもツーリングの楽しみの一つ。なにを持って行こうか?考えるだけでもワクワクします。

バイクツーリングキャンプ持ち物1 テント

アルパインテント1人用・2人用

サイズ: 高さ100cm×207cm×91cm
収納サイズ:
本体14cm×30cm
ポール5cm×38cm

重 量:
重 量: 総重量:1,791g

昨シーズンより継続の2人用テントを若干仕様変更致しました。 * フライシート前室を形にすることにより、三角形の前室よりも荷物を置くスペースが拡がりました。 * 2人用にはフライシート短辺側中央にペグループがあります。 * この分のペグは付属しておりません。

出典:http://www.oxtos.co.jp

キャンプといえば一番思いつくのはテントではないでしょうか。しかしバイクでツーリングするときは積載性を考えて、コンパクトなものが便利です。ソロツーリングであれば2人用テントで十分に楽しめます。

バイクツーリングキャンプ持ち物2 調理用具

COLEMAN (コールマン) キャンプ用品 ガソリンバーナー

キャンプ場での醍醐味といえばやはり料理です。自然の中で食べる食事は、最高の贅沢です。

バイクで本格的にツーリングキャンプを楽しむならコンビニ弁当では味気ない。そこで現地で調理するために、バーナーは欲しいところです。このバーナーはガソリンを燃料にしているので、バイクと同じ燃料で使えて便利です。現地の食材を使っての料理は、自然がスパイスとなってよりおいしくなること間違いなしです。

バイクツーリングキャンプ持ち物3 シュラフ

テントで宿泊することを考えると、寝袋は必須です。一番のおすすめは、ツーリング時にバイクに簡単に積める、コンパクト収納のマミー型。防寒性も良く、温度変化の激しい野外には最適です。

マミー型シュラフ(キャンプ用)

バイクに積載しやすいことを考えると、収納時コンパクトになる寝袋が便利です。

【適正温度目安-15℃まで】軽い!暖かい!ダウンマミー●快適を追求した快眠ダウンマミー●湿気対策を意識したモイスチャーマネージメント●ダウンは高品質600フィルパワー

適正温度:-15℃まで
総重量:(約)1.42kg
サイズ:(約)幅80×長さ210cm
収納サイズ:(約)直径20×長さ32cm
表素材:モイスポリライト
肌面素材:モイスポリライト
中 綿:ホワイトダックダウン[90:10]

出典:http://www.logos.ne.jp

ホワイトダッグダウンを使用した、ハイグレードなマミー型シュラフです。本格的にキャンプツーリングを楽しみたい人にも満足できる性能が自慢です。

バイクツーリングキャンプ持ち物4 ランタン

ペトル LEDランタン

消費電流が少なく電池が長持ちするLEDランタンがおすすめ

キャンプ場は夜になると街灯も少なく真っ暗になってしまうので、ランタンは必須です。テント内を明るく照らし、読書も楽しめます。緊急時のバイク整備にも便利です。

バイクツーリングキャンプ キャンプ場選び

キャンピングカーと違いバイクは車体も小さいので、キャンプ場は選び放題。バイクツーリング雑誌やインターネット等で情報を集め、自分に合ったキャンプ場を選びましょう。

バイクツーリング キャンプ場選び1

オートキャンプ場

設備が行き届いたオートキャンプ場。クルマでの利用者が多く、夏休みは多くに人で賑わいます。

オートキャンプ場は電源設備や炊事場、中にはバンガローなどもあり、ホテル感覚で利用できます。料金も5000円前後と一般のキャンプ場よりは割高ですが、快適に利用できるメリットがあります。

バイクツーリングキャンプ場選び2

無料キャンプ場

市営や町営のキャンプ場は安く、数百円で利用できます。また無料で使えるキャンプ場も少なくありません。

1泊数百円〜無料で利用できるキャンプ場は設備は行き届いていませんが、格安で利用できるのが魅力。特にバイクであれば多少道が悪くても入るのは簡単ですし、場合によっては予約すら不要なこともあります。

バイク キャンプツーリングの注意事項

ツーリングでは思わぬ事故に遭遇することもあります。そこで万一のトラブル対策もしっかりととっておきたいものです。

ツーリングトラブル・万一の場合に備えて

健康保険証

事故で怪我した時にすぐ対応できるよう、健康保険証も持っていると安心です。また切り傷があったときにも応急処置できるよう、バンドエイドなどもあると何かと便利です。

バイクツーリンングキャンプのまとめ

バイク キャンプ ツーリング

いかがでしたか?

以上バイクで楽しめるツーリングキャンプに関する基本的な情報をまとめてみました。
せっかくバイクを楽しんでいるのなら、一度はキャンプにチャレンジしたいものですね。
友達や家族、恋人同士で行っても良いし、一人でも楽しめます。
最高の思い出つくりになること間違いなしです。

それでは最後までご覧いただきましてありがとうございました。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ