実は種類が豊富なバイクカバー おすすめのバイクカバーをご紹介!

バイクカバーはバイクを雨風から守るだけでなく、盗難防止や紫外線対策にもなります。今回は防水、耐熱、耐湿など様々な性質のバイクカバーの中でも、おすすめのバイクカバーを紹介します。おすすめするバイクカバーを購入の参考にしていただければと思います!

おすすめのバイクカバー①

おすすめのバイクカバー

素材:ポリエステル
価格:8,895円

こちらのおすすめのバイクカバーは生地の全面に耐熱加工を施した、溶けにくい耐熱シートです。停止直後でエンジン・マフラーが高温状態で使用しても溶けにくく、簡単に装着できるので防犯対策としても優れています。耐久性もあり、ベルトも付いているので風で飛ぶこともありません。MサイズとLサイズで様々な大きさのバイクに対応できる、おすすめのバイクカバーです。

おすすめのバイクカバー②

おすすめのバイクカバー

素材:最高品質ポリエステル100%
価格:7,070円

こちらのバイクカバーは通気ダクトや、溶けない生地、超撥水、など様々な性能のあるおすすめのバイクカバーです。まず着脱するときに便利な色違いの取っ手付きで、前後も分かりやすくなっています。さらに通気ダクトにより、蒸れやすい環境でも湿気を逃し通気性を確保し、マフラー部分には溶けないコットンポリエステルを採用しています。

おすすめのバイクカバー

また、従来のカバーでは紐を絞るのが一般的でしたが、カバーをゴムに変更したことでゴムの伸縮性により、前後が勝手に絞られるので、バイクカバーを簡単に取り付けることが出来ます。性能だけでなく、使いやすさにも重視したおすすめのバイクカバーです。

おすすめのバイクカバー③

おすすめのバイクカバー

素材:表地/ポリエステルオックス300D100% 裏地/コットンポリエステル
価格:7,480円

こちらも溶けない裏打ち生地で、エンジン停止後の高温時にも使用可能のおすすめのバイクカバーです。防犯を重視したブラックカラーとゆったりしたシルエットで、外からは車体が判別できず、大型、極太のワイアーロックやU字ロックにも対応します。

おすすめのバイクカバー

また、厚手の生地に高い撥水性を併せ持ち、濡れたままカバーをかけてもエンジンの熱で蒸発した水分は、左右ミラーフードのベンチレーションから排出されます。通気性のあるポリエステルオックス300Dは、撥水生地なので湿気もこもりにくく蒸れない為、サビにくい作りとなっています。

おすすめのバイクカバー④

おすすめのバイクカバー

価格:1,381円

ビッグスクーターにおすすめのこちらのバイクカバーは、75デニールのタフタ生地を用いており、薄手ですが二本針による強力縫製など基本性能を押さえた作りとなっています。また、直射日光を反射するシルバーコーティングで、前輪部鍵穴、中央下部に風飛び防止紐が付いています。最低限の雨風凌ぎや紫外線対策でカバーをつけたい方、価格重視の方などにおすすめのバイクカバーです。

おすすめのバイクカバー⑤

おすすめのバイクカバー

素材:ポリエステル・PVC
価格:1,880円

こちらは優れた防水、防塵、UVカット機能がついたおすすめのバイクカバーです。ポリエステル・PVC素材で防水加工が施されており、ほこりや紫外線からバイクを守ります。また簡単に装着できるベルト付で、カバーはXXLサイズなので大き目のバイクにも対応します。大き目のXXLサイズですが、軽量でコンパクトに収納でき、専用収納袋も付いているので、ツーリングにもおすすめです。

おすすめのバイクカバー⑥

おすすめのバイクカバー

素材:フレーム/スチール カバー/ポリエステル
価格:25,100円

組み立て簡単なスチールのフレームと、丈夫なポリエステル製のバイクカバーで覆う簡易ガレージです。カバーが車体に触れず、カバーを取り付ける手間もかからないため、すぐに入庫できます。雨や低温、引き裂きに強くパタパタと閉じるだけで保管できるのでおすすめです。

最後に

おすすめのバイクカバー

おすすめのバイクカバーについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
バイクカバーは、雨風や雪、埃、砂などをよける効果があり、盗難防止や紫外線対策でも重要な意味を持ちます。

さらにバイクカバーには様々な性能があり、ほとんどのカバーには耐熱や防水機能があるようです。今回紹介したおすすめのバイクカバーの中には、価格重視のものや簡易ガレージもありましたが、自分の用途に合わせてバイクカバーを探してみてください!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ