バイクで遠くへ行こう!キャンプツーリングに必要な道具をご紹介!

バイクの魅力は言葉では言い表せないモノがあります。時には、野外で親しい仲間と時間を気にせずに酒と会話を楽しむキャンプツーリングの旅は、日常で味わえない時間を刻むには最適です。ただ走るだけの道具だけではなく、キャンプツーリングに必要な道具も揃えてみませんか?

キャンプツーリングの楽しさ

キャンプツーリングの楽しさは、大自然の中で時間を気にせずに、バイクと一緒に夜を明かす事ではないでしょうか?一人で静かに楽しんだり、気の合う仲間と語る時間は、仲間意識を育てます。
もちろん大排気量のバイクだけなく、キャンプツーリングに行こうと思えば原付でも可能です。

バイクにいつもとは違う道具を積んで、普通の人が味わえないキャンプツーリングを楽しむには、必要な道具選びから始まります。ツーリングで走った身体を休める為の「住」や、腹を満たす為の「食」。この2つが最低限必要な道具です。

キャンプツーリングで疲れを癒す道具

雨、風をしのぎ、ツーリングの疲れを癒すにはテントと、布団の代わりのシュラフはキャンプツーリングに必要な道具です。ライトは暗い夜にはとても役に立ちグランドシートは急な雨などテントの下や簡易タープにもなります。

バイクの場合クルマと違って積載する量も限定されるので、折りたたみ式や収納サイズ・重量は、キャンプツーリングで使える道具の判断基準です。

キャンプツーリングの証はテント!

一日の疲れを癒すには寝る事ですが、野外では家に居る時と同じ状態では休めませんが、日ごろ味わえないテント内の時間もツーリングキャンプの楽しみです。

キャンプツーリングで忘れてはならい道具のテントは、テント内で寝る人数で大きさも変わってきます。キャンプツーリングは1人~2人用がおススメです。

BUNDOK(バンドック) ツーリングテント BDK-17 [1~2人用]

コンパクトなツーリングキャンプ用。

バイクの車庫スペースがあるテント

アメリカのブランドメーカー Redverz Gear

おススメしたいテントがこれ
・バイク1台×2人用:254×495×195cm 6.5kg 499ドル(約59,000円)
・バイク1台×1人用:260×370×195cm 5.4kg 449ドル(約54,000円)

ホンダのゴールドウィングやハーレーのCVOなどの大柄な車体は入らないそうですが、なかなかいいアイディアですね。

明日のツーリングのため、道具にシュラフ(寝袋)は絶対条件!

夏場でも夜は気温が下がります。ツーリングキャンプの道具でシュラフだけは多少お金をかけても、軽くてコンパクトなタイプ、中綿がダウンをおススメします。

丸洗いが出来る寝袋! 封筒型 寝袋 シュラフ [最低使用温度7度] 500

就寝を左右する道具にクッションマット!

キャンプツーリングの道具で良く見かけるクッションマットは銀色のマットがほとんどで、軽くて安いのが魅力ですが、中に空気を入れるタイプのエアーマットもおススメです。もちろん破れてしまえばただの布切れ状態で収納も入れたエアーを抜く作業が面倒ですが、銀色マットと比べると格段に快適です。

モンベル(mont-bell) マット U.L.コンフォートシステム パッド180 オレンジブリック OGBR 1124404

キャンプツーリング、道具の中にライトは必要!

日が落ちての夕飯や、テント内など灯が欲しい時が有ります。そんな時必要な道具がライトですが、通常のハンドタイプのライトだと不便な場面に遭遇します。キャンプツーリングで使う道具はフリーハンドタイプがおススメです。頭につけるライトなので食事のときやバイクの修理する時はとても便利な道具です。

Litom LEDヘッドライト スポットライト 168ルーメン 実用点灯30時間 6つの点灯モード 防水性能IPX6 ジェスチャーセンシング キャンプ/サイクリング/ハイキングなどのアウトドア活動に適用

大地をベッドにする道具、グランドシート!

持っていくのに面倒な道具がグランドシートですが、乾いた芝や整地された場所意外だと、湿気が気になる方もおられます。そんな時にグランドシートはキャンプツーリングにあると便利な道具です。

ソロキャンプ ツーリングに最適 【SAKURADOセレクション】 柔軟素材 軽量防水マルチパーパスシート グランドシート タープ 220cm×150cm

キャンプツーリングで、腹を満たす 必要な道具

キャンプツーリングの一番の楽しみが、自分で作る食事。外で食べるとどんなに失敗した料理でも美味しくいただけます。「簡単につくって美味しく食べる」キャンプツーリングのたっぷりある時間を楽しむには、お腹を満たす道具も必要です。

折りたたみテーブルは食を楽しむ野外道具

キャンプツーリングの道具にテーブルがあると、キャンプまわりのレイアウトが落ち着きます。是非持ち込み道具に追加してみては?

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブルコンパクト M-3713

道具の中に椅子があれば疲れも半減!

折りたたみ式のテーブルがあると、椅子もキャンプツーリングの道具として必要になります。ツーリング途中での休憩中に地面に座るライダーも居ますが、さりげなく取り出して寛ぐ道具は必要ですね。

Second step(セカンドステップ) 超軽量マイクロライトチェア ESD32SS ゼロ戦にも使われた超々ジュラルミン7075を採用 小型軽量化を極めた丈夫な折畳イスです

バケツはキャンプツーリングの便利な道具

キャンプツーリングの道具の中で、かさばらず威力を発揮するのが折り畳み式のバケツです。キャンプ場の炊事場から水を持って来たり食べ終わった食器類を炊事場に持って行ったり等のシーンでさりげなくオシャレに行動する事が出来ます。

BASE GEAR(ベースギア) 収納袋付 釣り キャンプ 超軽量 折りたたみ 収納 携帯 バケツ

キャンプツーリング必須道具はストーブ(コンロ)

キャンプツーリングの必須道具のひとつがストーブ(ガスバーナーコンロ)です。食事を作ったり温めたりと、活躍してくれます。ガスボンベが必要なのですが、予備を持っていく事をおススメします。

イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3

腹を満たす大切な道具は、クッカー(鍋、フライパン)

食事作る時に必要なキャンプツーリング用の鍋やフライパンセットです。簡易的なものでかさばらない様に工夫されていますので、1~2人の簡単な料理がつくれます。また、ふたがお皿代わりになるので余計な道具を持っていく必要がありません。

1泊のキャンプツーリングの場合は、自宅で作り現地で温めて食べる方が簡略できると思いますよ。

【日本製】 ツーリングクッカーセット 8PC

食事らしさの演出道具、スプーンセット

和の日本人 誰もが使えるお箸が付いたスプーンセットは家でも使えて、キャンプツーリング時には、とても便利な道具です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンピングスプーンセット箸付ビニールケース付 M-7715

キャンプツーリングできる全国のキャンプ場

キャンプツーリングの道具が揃ったら、さっそく出かけてみましょう。全国にあるキャンプ場の紹介です。キャンプ場にはオートキャンプ(クルマを使ったテントサイト)があるのか?バイクを乗り入れていいのか?なども確認が必要です。

キャンプ場 情報雑誌

キャンプツーリングを楽しむ道具のまとめ。

いかがでしたか?キャンプツーリング行ってみたいと思いませんか?きっと道具が揃ったらその気になる筈です。最初はホームセンターなどで安くてもいいから、何か一つ道具を揃える事をおすすめします。もうそこからキャンプツーリングの始まりです。是非一度は行ってみてくださいバイクの楽しみ方の巾が広がりますよ。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ