スズキのネイキッドスポーツバイク・GSR750のマフラーまとめ

ストリートを走るスズキのミドルクラスバイクがGSR750です。アグレッシブなスタイルが特徴のバイクだけに、マフラーも各社からさまざまな製品が販売されています。GSR750のマフラーにはどのようなものがあるのか?エキゾーストサウンドとともに主力商品を紹介します

取り回しが良いストリートファイター スズキGSR750

GSR750のマフラーを紹介する前に、
まずはGSR750とはどのようなバイクなのかを説明します。

スズキ GSR750

スズキのネイキッドスポーツバイクGSR750はカスタムパーツも豊富に販売されており、マフラーものその中のひとつです。

GSR750はスズキを代表するミドルグレードのネイキッドスポーツバイクです。
GSRは他にも250と400があり、GSR750はそのトップグレードモデルとなります。

GSR750 スペック

型式 EBL-GR7NA
全長 / 全幅 / 全高 2,115mm / 785mm / 1,060mm
軸間距離 / 最低地上高 1,450mm / 145mm
シート高 815mm
装備重量 213kg
燃料消費率 30.0km/L(60km/h)
最小回転半径 3.0m

燃料タンク容量 17L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン

GSR750 エンジン

エンジン型式  水冷4サイクル直列4気筒DOHC4バルブ
総排気量 749cm3
最高出力 78kW〈106PS〉 / 10,000rpm
最大トルク 80N・m〈8.2kgf・m〉 / 9,000rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 ウェットサンプ式
潤滑油容量 3.85L

なんといっても4気筒エンジンですから、それだけでも突き抜けるようなエンジンサウンドが楽しめます。マフラー交換することで、さらにその魅力は高まることでしょう。

GSR750 マフラー その1

それではさっそくGSR750のマフラーを紹介しましょう。まずはヨシムラ製のGSSR750スリップオンマフラーです。

GSR750 マフラー 1

スズキのマフラーといえばヨシムラ製。バイクマフラー スリップオン R-11 サイクロン EXPORT SPEC 1

ボディーから、カーボンを採用したエンドまで、テーパー形状をし、エッジを効かせた唯一無二のサイレンサーは、GSR750の先鋭的なスタイルを更に軽快に、スポーティーに仕上げます。重量は、STDマフラーと比べ約49%の軽量化(STD:4.5Kg、R-11 チタンカバー:2.3Kg)に成功。小型なサイレンサーながら音量規制値をクリアーし、小気味良く高回転まで吹け上がるサウンドが、ライダーの更なるスポーツマインドを呼び起こします。

出典:http://www.amazon.co.jp

ノーマルマフラーよりも軽量な上にチタン製カバーでよりスタイリッシュなデザインが特徴です。GSR750をカッコよくドレスアップしてくれます。すばらしいサウンドを動画で体感してみてください。

ヨシムラ スリップオンマフラー GSR750

ヨシムラ製マフラーをSGR750に装着した時のエンジンサウンドです。

GSR750 マフラー その2

こちらはアールズギヤワイバンのスリップオンマフラーです。

GSR750 マフラー

GSR750 R's Gear WYVERN アールズギア ワイバン スリッポンマフラー

オールチタン超軽量モデル「ワイバン・スリップオン」。低中速を中心に全域に渡るトルク&パワーアップを実現。ツーリングから街乗りまで、スムーズかつパワフルな走りを演出します。サイレンサーはチタンクロスオーバル/チタンクロスオーバルドラッグブルーの2種類になります。【政府認証品】【車検対応】【JMCA認定品】適合形式 EBL-GR7NA最高出力 98.0ps(STD:96.4ps) 最大トルク 7.5kg-m(STD:7.4kg-m)重量 WYVERN:1.5kg(STD:4.5kg)

出典:http://www.digital-bike.jp

溶接の焼け色も美しいワイバンスリップオンマフラーです。すべてチタンで製造されており、非常に軽量に仕上がっています。

GSR750 アールズギア ワイバン スリッポンマフラー

R's Gear WYVERN GSR750用スリッポンマフラーのサウンドです。

GSR750 マフラー その3

最後に紹介するのは、低価格で購入できるGSR750のマフラーです。

GSR750 2010-2016 LCI GPチタンスリップオンマフラー

GSR750用のチタン製マフラーです。

エンドキャップデザインを3D CADにて再設計し、各所の材料取りや加工方法を見直しさらにクオリティーを維持したままコストを下げました一部、材料には輸入品を採用しておりますが、溶接、組立加工は自社国内工場で行っておりますエンドキャップにドライカーボン、アウターシェルには落ち着いた高級感のあるサテンフィニッシュのチタンを採用いたしました

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp

マフラーはストレート構造になっており、バッフルを付けていない時の音量は90デシベル程度あります。ちなみにバッフルをつけると、92〜94db程度に抑えることができます。

LCI PARTS GPチタンマフラー GSR750用

GSR750 LCI PARTS GPチタンスリップオンマフラーのサウンドです。動画はマフラーのバッフルを外した状態のものです。

GSR750 マフラー まとめ

GSR750マフラー

カスタムマフラー装着時のGSR750は、より凄みを増して迫力ある走りを可能にします。

いかがでしたか?

以上GSR750のマフラーをまとめてみました。

マフラーを交換することで、さらにGSR750の魅力が増しますね。

それでは最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ