可愛い顔した革命児!ホンダのスクーター、クレアスクーピーを語る!

ホンダのクレアスクーピーは、キュートなスタイリングが特徴の50CCスクーターです。しかしカワイイルックスとは裏腹に、ホンダらしい革命的な技術がこのスクーピーには盛り込まれています。ホンダスクーピーがどのようなスクターなのか?レビューしてみましょう。

ホンダ クレアスクーピーとは?

ホンダクレアスクーピーは新しくキュートなスタイリングと、
原付スクーターに環境性能を追求させた画期的なバイクです。
新世代の環境型4サイクルエンジンを搭載しています。

ユニット化されたメカニズム、セキュリティーの強化など、
さまざまな先進技術が盛り込まれたスクーターでした。

ホンダ クレアスクーピー

クレアスクーピーは、ホンダがかつて販売していた、50cc原付スクーターです。

ホンダジョルノクレア

ホンダジョルノクレアはクレアスクーピーの先祖に当たるモデル。ホンダジョルノクレアがクラシックとすれば、ホンダクレアスクーピーはモダンなテイストのスクーターです。

 1999年、Hondaの提案する環境技術「e-TECH」のもと、4ストロークエンジンの特性を活かし 「クリーンな排出ガス、格段に向上した燃費、優れた静粛性、耐久性」を持つ、世界初の水冷4ストローク 50ccエンジン搭載のスクーター、ジョルノ クレアを発売。

出典:http://www.honda.co.jp

クレアスクーピーはジョルノクレアの先進性を引き継ぎ、さらに進化させたスクーターです。

クレアスクーピーのエンジン

ホンダスクーピーのエンジン

スクーピーは環境性能を重視したホンダの先進技術を盛り込んだエンジンを搭載しています。

ジョルノ クレアのボア36mm×ストローク49mmのロングストロークに対して、燃焼室の内径であるボアを38mmに、行程を44mmに短くとったストロークを採用しました。吸・排気の各バルブ径を1mmずつ拡大することで、出力特性に優れた最適な燃焼室形状を実現。

出典:http://www.honda.co.jp

小型で軽量なスターターやウォーターポンプを開発して、
スクーピーに採用しています。

従来のジョルノクレアに対してエンジンだけでも4キロ、
車体全体で6キロも軽量化し、これも燃費性能や加速性能の向上に貢献しています。

PGM-FIを採用したホンダスクーピー

燃焼効率に優れる、ホンダ俗字のフェールインジェクション方式を採用したホンダスクーピー。燃費性能も向上しています。

軽量・コンパクトで 高効率な燃焼室形状を徹底追求しながら、エアインジェクションシステム (二次空気導入装置)や、スロットルセンサーなどの採用で、CO(一酸化炭素)、 HC(炭化水素)を国内排出ガス規制値の約1/2(当社測定値)を達成。 さらに静かな走行音と、発進時から力強い出力特性となっています。

出典:http://www.honda.co.jp

排気ガスもクリーンで原付バイクにホンダが初めて環境性能を追求したのが革新的です。

アイドリングストップを採用したホンダスクーピー

ホンダスクーピーのアイドリングストップ

ホンダがスクーター用に開発したアイドルストップ・システムは、クレア スクーピー・iに標準装備しています。

自動車では当たり前の装備となったアイドリングストップですが、
原付スクーターのホンダスクーピーにも採用されました。

■アイドルストップ・システム(「クレア スクーピー・」 に搭載)
 信号待ちや渋滞などの停止時に、各センサーからの情報を集中制御するECU(エレクトロニック・コントロール・ユニット)の働きによって自動的にアイドリングがストップし、スロットルを開けるとエンジンが再始動して発進する機構です。この機構は停車時の燃料消費、排出ガス、騒音をゼロにして、経済性と環境性の向上を図ります。

出典:http://www.honda.co.jp

モジュール化したホンダスクーピー

ホンダスクーピーの水冷システム

スイングアームとラジエターを一体化した、ホンダスクーピーの水冷エンジン。

「クレア スクーピー」は、エンジンの右外側にラジエーターを一体型で装備し、さらにその内側に取り付けた冷却ファンの送風によって効果的に冷却を行うシステムを採用しています。一体型にすることと新採用のマグネットウォーターポンプで、エンジンのコンパクト化とモジュール化を、新採用の樹脂タンク式ラジエーターによって軽量化にも寄与しています。

出典:http://www.honda.co.jp

ホンダスクーピーのフレーム

アルミ製なのでサビに強いです。ホンダの高度な技術で整形されたダイキャスト製としたことで、スクーピーは軽量かつ高剛性なフレームとなっています。

フレームは、高剛性のアルミダイキャストフレームを採用しています。アルミダイキャストは、高温高圧のアルミを金型内で射出成形して自由な形状の部品を製造できるため、融合設計による部品点数の大幅な削減と、生産工程の高効率化に伴う生産エネルギーの削減を実現します。

出典:http://www.honda.co.jp

ホンダスクーピーのセキュリティー装備

ホンダスクーピーのセキュリティ装置

シャッターキーなど、セキュリティ性能も向上したホンダスクーピー

スクーピーのイモビライザー

なんと、原付バイクにもイモビライザーが装備されています。

ホンダスクーピーにはシャッターキー、イモビライザー、シートオープナー、
直結始動防止回路/強化ロック、キーを装備したガソリンキャップを標準装備。

さらにはオプションでイモビライザーを用意しています。

このようにホンダクレアスクーピーには環境性能や安全性能など、
なまざまな先進機能を搭載しているかなり先進的なスクーターです。

ホンダスクーピーは次世代モデルへ受け継がれました

ホンダ ジョルノ

すでにスクーピーは生産終了しており、次世代型のジョルノにバトンタッチしています。
しかしスクーピーで得られたノウハウは、このジョルノにも生かされています。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ