【走行性能UP!】MT09におすすめのマフラーカスタム6選【車検対応】

2014年の発売から現在まで、独特の3気筒エンジンと走り心地で人気のMT09。基本性能の素晴らしいバイクですが、マフラーをカスタムすることでさらにワンランク上の走り心地を実現できます。そんなMT09のマフラーを、車検対応の物の中から6メーカー選びました。

魅惑の3気筒!MT09の走りをもっと楽しく!

2014年の発売と同時に、年間販売台数を上方修正するほどの売れ行きを見せたMT09。2気筒と4気筒エンジンの良い所をあわせ持つ、3気筒エンジン搭載のMT09の走行性能を、さらにワンランク上へ導いてくれるであろうカスタムマフラーを選んでみました。

MT09の兄弟車

MT09 TRACER

MT09と同じエンジン、フレームで開発されたプラットフォーム展開モデル。2016年モデルよりMT09にも標準搭載されましたが、初代MT09には非搭載だったトラクションコントロールや、カウリングなどツーリングに快適な装備が搭載されました。共通部分も多いため、メーカーによっては同じマフラーが取り付け可能な場合もあります。

MT09の純正マフラーに採用された技術

エキパイの曲線が美しいMT09の純正マフラー

表面には、変色や錆、汚れの付着を抑止する効果のあるナノ膜コーティング処理が施されています。

マスの集中化を図りながら、排気効率・消音性能をあわせて実現するため、エキゾーストパイプと3段膨張構造サイレンサーを一体成形した3into1式。マスの集中化による、軽快なハンドリングに貢献している。

出典:http://www.yamaha-motor.co.jp

エキパイの曲線と、ナノ膜コーティングの金色がかったカラーも美しいMT09の純正マフラーですが、マフラー重量は約8.3kgあります。車両の軽さもポイントのMT09です。マフラーを交換することによって、もう少し軽くすることができそうです。

純正マフラーのサウンド

マフラーカスタムと車検の関係は?

音も見た目も変わるマフラーカスタムですが、ただ交換すれば良いという物ではありません。一般公道を走るうえで、忘れてはいけないのが「車検」の存在です。2年(新車は初回3年)に一度受けなければいけないこの車検と、マフラーなどカスタムのバランスがなかなか難しいのも事実です。

平成22年規制が適応されるMT09

2014年に発売されたMT09には「平成22年規制」が適応されます。カスタムマフラーに交換する場合は、近接 94dB(A)・加速 82dB(A)とう音量の規制と、平成19年国内排出ガス規制にも適合している必要があります。

JMCA認定マフラー

JMCA 全国二輪車用品連合会の検査を受けて認証を得たマフラーは、ちゃんと車検に通るので安心です。そして、この認証プレートが交付されています。この認証プレートにも、規制年度によって色分けがあるので要注意!MT09の場合は平成22年規制です。

写真の認証プレートだけではなく、政府認定証が付属するマフラーもあります。この認定証は、車検のたびに提示しなければいけないため、無くさないように注意が必要です。さらに最近は、保安基準を満たしている事を前提にしているバイクショップも多くあり、このJMCA認定または、政府認証のマフラー以外はメンテナンスを断られる場合もあります。

走行性能UP!計算されたMT09のマフラー6メーカー!

SP忠男

MT09 POWER BOX FULL

158,000円(税抜) 近接91dB/加速80dB
ドレンボルトOK・オイルフィルターOK

クラッチミート直後から3,000rpm付近までの特性を徹底的に研ぎすまし
日本刀の刃のようにシャープにしかも強靭に仕上げた、
こうやって、ライダーの意思とマシンが連動する快感を作り出したんだ。

出典:http://sptadao.com

MT09の良さでもあり、持て余す点でもある出力特性のバランスを取り、さらに走りやすく仕上げられています。

OVER Racing

TT-Formula RS フルチタン 3-1 MT09

172,500円(税抜) 近接94dB/加速81dB
ドレンボルトOK・オイルフィルターOK・タンデムOK
重量4.4kg(純正8.36kg)

TT-Formula フルチタン 3-1 MT09

160,000円(税抜) 近接94dB/加速81dB
ドレンボルトOK・オイルフィルターOK・タンデムOK
重量4.4kg(純正8.36kg)

YOSHIMURA

機械曲 R-77S サイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC MT09

SSC145,000円(税抜)~STBC155,000円
近接93dB/加速82dB
ドレンボルトOK・オイルフィルターOK
重量6.4kg

PRUNUS

PRUNUS MT09フルエキゾーストマフラー

190,000円(税抜) 近接93dB/加速81dB
重量6.6kg
純正マフラーを制作しているサクラ工業製
熱が入ると鮮やかに発色するエキパイがポイントです。

アールズギア WYVERN(ワイバン)

MT09/TRACER Single Type

193,000円~198,000(税抜)
ヤマハ純正オプションのサイドバッグ装着不可

BEAMS

CORSA-EVOⅡ TITAN MT09

194,400円 近接94dB
ドレンボルトOK・オイルフィルターOK
重量4.9kg

CORSA-EVOⅡ MT09

172,800円 近接92dB
ドレンボルトOK・オイルフィルターOK
重量6.8kg

カスタムマフラーのお手入れは?

マフラーの材質によってお手入れの方法が異なります。これを間違えると、表面コーティングや綺麗に付いた焼き色が落ちてしまって、取り返しのつかないことになるので注意が必要です。

ステンレス製のマフラー・エキパイ部分のお手入れ

850ccもの排気量があるMT09は、それなりの熱量を発するため、長く乗っている間にマフラーのエキパイ部分に熱錆が出てきます。カスタムマフラーの場合は、どうしてもこの錆が出やすいマフラーが多いのも事実です。

ステンレスマジック(YOSHIMURA)

120g 2,000円(税抜)

このステンマジックをウエスに取って磨くだけで、ここまできれいになります。同時に被膜も形成するため、錆びにくくなるのも嬉しいポイントです。

チタンマフラーのお手入れ

熱による青や紫の焼色が美しい物も多いチタン製マフラーや、純正に採用されているナノ膜コーティングなどに前出の研磨剤は厳禁です。まずは、エンジンオイルや指紋などの油分を付着させないこと、もし付いてしまった場合は中性洗剤と中性洗剤で洗い流しましょう。

KURE ブレーキクリーン

落ちにくい油分には、ブレーキクリーナーがおすすめです。

カーボンマフラーのお手入れ

最近少し減ってきたカーボンタイプのマフラーですが、長年使用していると艶がなくなり劣化してきます。そうなってしまう前に、表面保護剤を使用すれば長く美しい状態を保つことが出来ます。

WAKO'S スーパーハード

6,000円(税抜)
未塗装の樹脂部分の保護と艶出しにも使用可能

お手入れに使ってはいけない物!

家のお掃除に大活躍!水で濡らすだけでOKが売りの「メラミンスポンジ」、これは綺麗に付いた焼色やコーティングを落としてしまうため、使用には十分注意が必要です。

同じく、カウルや塗装部分の艶を出すボディワックスも熱に弱い物が多く、シミになる場合があります。もし、マフラーに使用する場合は、必ず耐熱性のものにしましょう!

MT09カスタムマフラーまとめ

様々なインプレッションを読んでみても、悪い評価をあまり見かけないMT09。人気が証明するように、とても素晴らしいバイクです。せっかくカスタムするなら、気持ちよく走れてカッコ良く仕上げたいですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ