中古のハーレー883を購入する前にチェック!中古相場や注意点!!

ハーレーの入門モデルと言われているハーレー883がバイクレースの為に開発され、エンジンも他と違うものを搭載しているスポーツモデルって知っていましたか?今回は、そんなハーレー883の中古相場とハーレー883を中古で購入の際に注意したいポイントをまとめてみました。

ハーレー883とは?!

ハーレー883とは、スポーツスターファミリーの883ccのバイクのことで、通称「883(パパサン)」と呼ばれています。
ハーレーの入門モデルと言われていますが、中低速から高速域までバランスよく回るエンジンで高く評価している人達も多いです。

スポーツスターファミリーは、50年以上の歴史を持ち、ハーレーがレースで勝つために開発されたバイクになります。
ハーレーの他のファミリーと比べると、車体もコンパクトで、ビックツインエンジンとは違ったエンジンを搭載しています。

ハーレー883のエンジンは何が違うの?!

ビックツインエンジンは、エンジンとミッションが別々になっていますが、ハーレー883はレース用に開発されたため、激しい走行に耐えられるようにエンジンとミッションが一体になっています。
また、一体にする事で軽量化もされています。
そして、もう一つ大きな違いが、ビッグツインの1カムや2カムと違って、ハーレー883は4カムになっており、高回転でもスムーズに動作するようになっています。

気になるハーレー883の中古相場は?!

ハーレー883の中でも人気の車種をピックアップして中古相場をまとめてみました。
(2016年8月現在)

ハーレー883の中古相場!!ハーレーXL883

中古価格 56万円~178万円

口コミ!!

やっぱりハーレー独特の鼓動感が最高に気持ちいいです。
車体サイズや車重もビックツインよりかなりコンパクトなので、街中でも峠でも軽快に走れます。
またカスタムパーツが豊富にあるものハーレーの良いところですよね。

出典:http://www.bikebros.co.jp

混雑した街中でも取り回しが比較的楽な方だと思います。
峠の登りで80km/h~100km/hあたりのフィーリングがとても良い感じです。
高速道路に乗って100km/hオーバーで走ると機械音が気になりますが、高速を降りてからは、馬が全速力で走ったあとにクールダウンするような感じで、エンジンをゆっくり落ち着かせているように走る感じがとてもいいです。

出典:http://www.bikebros.co.jp

ハーレー883の中古相場!!ハーレーXL883L

中古価格 48.72万円~187.72万円

口コミ!!

足つきが、とても良いです。
158cmの、私くしにも、乗れました。
マフラーを替えたら三拍子の重低音になり、乗らない時はスローで三拍子を楽しんでいます。

出典:http://www.bikebros.co.jp

スポスタなら日本車よりちょっと高めという程度で、ハーレーに乗れます。
街乗りが多いので、883くらいでちょうど良いかも知れません。
エンジンもきゅるきゅる回るし、取り回しも軽いので、乗りやすいです。

出典:http://www.bikebros.co.jp

ハーレー883の中古相場!!ハーレーXL883R

中古価格 56.48万円~120.4万円

口コミ!!

乗りやすいハンドル&ステップのポジション。
Wフロントディスクで安心の制動力。
思ったよりいい燃費。

出典:http://www.bikebros.co.jp

何といっても軽快さとサイズですね。
スポーツスターが一番バランスがいいかな。
トコトコという鼓動、十分にハーレーらしいサウンドながらも、気軽に乗れる親しみやすさ。

出典:http://www.bikebros.co.jp

ハーレー833を中古で買うなら注意したいポイント!!

中古のハーレー833は、タイヤをチェック!!

大きなバイクとなれば、タイヤだけでも高価です。
しっかり溝があるか確認しましょう。
また、古くなったタイヤはゴムが硬く、滑りやすいのでゴムの硬さもチェックしておきましょう。

中古のハーレー883は、フロントフォークインナーチューブをチェック!

インナーチューブに錆びや傷があるとオイルが滲む可能性があります。
もし、修理に出すとインナーチューブとダストシール、オイルシール、フォークオイルの交換が必要になりますのでチェックしておきましょう。

中古のハーレー883は、ホイールベアリングをチェック!

安全に走るために不可欠な部分です。
しかし、見た目で判断しにくいのも事実。
錆がないかだけでもチェックしておきましょう。
少しでも錆びていたら即交換になります。

中古のハーレー883は、ブレーキディスクをチェック!

中古でバイクを購入する際、ブレーキパッドを確認する方は多いと思います。
しかし、ブレーキディスクの交換の方が高くつきますので、合わせてチェックしておきたい部分です。

中古のハーレー883は、オイル滲みもチェック!

オイルが漏れているのは問題外ですが、オイル滲みも注意が必要です。
すぐに機能に支障がなくても、今後、修理となれば非常に高くつきます。
エンジンだけでなく、クラッチケーブルなども確認しておきましょう。

さいごに

ハーレー883の中古車を購入する際の参考になりましたでしょうか?
ショップによっては、ハーレー883の試乗車もありますので、乗ってみるのも良いと思います。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ