ハーレーの中古相場と購入する際に注意すべきポイントは?!

バイク乗りなら1度は憧れるハーレーも中古なら夢じゃありません!!ハーレーの中古相場や購入の際に注意したいポイント、口コミなどをまとめてみました。購入を迷っている方必見です!!憧れのハーレーを後悔しないように選びましょう!!

ハーレーってどんなバイク?!

ハーレー・ダビッドソンは1903年にアメリカで設立されたバイク会社です。
最大の魅力は、外観はもちろんの事、大排気量の空冷OHV、V型ツインエンジンからの独特な鼓動感です。
この独特な鼓動感に魅せられたハーレー乗りは多いでしょう。

景色を楽しみながらのんびり走る方に向いているハーレーですが、スポーツモデルに振っているバイクもあるので自分に合ったバイクを選びましょう。

ハーレーの5つのファミリー(車種)?!

ハーレーの車種はシリーズごとにファミリーと呼ばれています。
自分に合ったファミリーを探してみましょう。

ハーレー ソフテイルファミリー

ハーレーのソフテイルファミリーは、バランサーが内臓されているのでハーレーの中では振動が穏やかになります。
また、バイクにサスペンションがなかった時代を演出したようなデザインになっていて、サスペンションが内臓されているのも人気の一つです。

口コミ!!

重厚感とスタイルにシートに座っただけで味わえる優越感でしょうか。
勿論走り出すと止まりたくないと思わせる爽快感がありながら、
重量の割にスタートとストップがスムーズに感じます。

出典:http://www.virginharley.com

重心が低くて安定していること
でも、一番の魅力はこの振動と排気音!
これはハーレーにしかありません。

出典:http://www.virginharley.com

ハーレー スポーツスターファミリー

50年以上の歴史を持つスポーツスターは、軽量でコンパクトな車体とエボリューション・エンジンを持ったスポーツモデルになります。
日本の交通事情に合わせた作りになっていて、制動力や加速性、取り回しが比較的、優れています。
排気量も1200ccと883ccの2種類があります。

口コミ!!

ほどよい振動とVツインの鼓動感、少しやんちゃな排気音や全体のシルエット等挙げたらきりがない!
自分でカスタムする楽しさもあり!

出典:http://www.virginharley.com

コンパクトなボディーと駆け抜けるような走り。
純白カラーとメッキエンジン。
走れば走るほど自分とシンクロしていく…。

出典:http://www.virginharley.com

ハーレー ダイナファミリー

ダイナファミリーは、ビックツインのパワフルなエンジンに高い走行性能を組み合わせ、「走る楽しみ」に重点を置いた、スポーツをさせるバイクに仕上げられています。
振動を抑えるバランサーが入っていないため、ハーレー独特の鼓動感をダイレクトに感じれるのも魅力の一つです。

口コミ!!

ハーレー独特の鼓動感。
扱いやすいボディサイズなのに誰が見てもハーレーって雰囲気を醸し出している。

出典:http://www.virginharley.com

低速からたっぷりのトルク感と共に豪快な加速をしていくところです。
本当に気持ちが良い!
一定速度でクルーズする時の安定感、鼓動。
アドレナリンが出るのを実感する瞬間です。

出典:http://www.virginharley.com

ハーレー ツーリングファミリー

ツーリングファミリーは、ハーレーの中でも最大重量を誇る重いバイクです。
しかし、取り回しこそ大変なものの、その重さとは反して操作性の良いバイクになっています。
長距離を走るためのバイクなので、標準装備でウィンドウスクリーンやサイドバックが付いています。
また、タンデムシートも乗り心地が良く、タンデムがメインの方にもおすすめしたいバイクです。

口コミ!!

伝統のVツインの鼓動、そして滑らかな加速とゆったりとしたポジショニングが最高です。

出典:http://www.virginharley.com

あふれるトルクと振動。
走りだすと見た目によらず軽快。
どこまでも走って行けそうなくらい長距離は楽。

出典:http://www.virginharley.com

ハーレー V-RODファミリー

V-RODファミリーは「これがハーレー?!」と感じる方も多いと思います。
ハーレーといえば、「空冷エンジン」でしたがV-RODは水冷エンジンで巨大なパワーを持つバイクです。
他のファミリーとは、全然違い、怒涛のトルクと爽やかな吹けあがりの、まさにモンスターバイクです。

口コミ!!

「走る」「曲がる」「止まる」はかなり高レベル。
特にコーナーが楽しくて仕方がないです。
直線はむしろツマラナイ。

出典:http://www.virginharley.com

ハーレー100年目の進化。ウイリーGの号令のもと、レボリューションと言う名に嘘はない。
エンジン、フレーム、デザイン、どれをとっても今までのハーレーでは無いが、まさにハーレーだ。
国産ではこんなバイクは作れはすまい。そこが気に入っている。

出典:http://www.virginharley.com

気になるハーレーの中古相場!!

中古のハーレーは年式による価格の差は、ほとんどありません。
カスタムされている中古のハーレーが多く、そのカスタム度合が価格に大きく関わってきます。

ハーレー ソフテイルファミリーの中古相場は?

中古価格

最低価格 86.4万円
最高価格 328万円

ハーレー スポーツスターファミリーの中古相場は?

中古価格

最低価格 43.9万円
最高価格 231.4万円

ハーレー ダイナファミリーの中古相場は?

中古価格

最低価格 68.1万円
最高価格 334万円

ハーレー ツーリングファミリーの中古相場は?

中古価格

最低価格 89万円
最高価格 438.5万円

ハーレー V-RODファミリーの中古相場は?

中古価格

最低価格 81.3万円
最高価格 435万円

中古のハーレーを購入する際に気をつけたいポイント!!

後悔しない中古のハーレーの選び方!!
修理費で結局、高くついたとならないようにチェックしてみてください。

中古のハーレーはタイヤをチェック!

ワイドタイヤとなれば、前後の交換だけで6~7万はします。
しっかり溝があるか確認してください。
そして、タイヤの硬さも重要!!
古いタイヤは硬くなっているので滑りやすくなります。

中古ハーレーはフロントフォークインナーチューブをチェック!

インナーチューブに錆びや傷があるとオイルが滲む可能性が出てきます。
もし、修理に出すとインナーチューブとダストシール、オイルシール、フォークオイルの交換が必要になります。
必ず、チェックしておきましょう。

中古のハーレーはホイールベアリングをチェック!

ここは安全に走るために重要な部分です。
しかし、見ただけでは判断しにくいのも事実。
錆びがないかだけでもチェックしておきましょう。
少しでも錆びていたら即交換が必要なので、前後で4万円ぐらい掛かってしまいます。

中古のハーレーはブレーキディスクをチェック!

ブレーキパットは必ずチェックすると思います。
その時に合わせてブレーキディスクもチェックしておきましょう。
ディスクの交換になるとブレーキパットより高くついてしまいます。

中古のハーレーはオイル滲みもチェック!

オイルが漏れているのは問題外ですが、滲みも注意が必要です。
機能面での大きな問題がないとしても、今後、修理が必要となれば、非常に高くつきます。
エンジンだけでなく、クラッチケーブルからのオイル漏れも合わせてチェックしておきましょう。

さいごに

ハーレーの中古相場は、いかがでしたか?
ディーラーなら試乗車もあるので、あの鼓動感を体験してから中古ショップに行くのも有りかもしれません。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ