オーバーフローの仕組みフロートバルブ先端ゴムの劣化・変形、バルブシートの減り、フロートバルブとバルブシート間にゴミ(錆び)混入、フロートの引っかかりなどがおこると、キャブレター内が満タンでも、どんどんガソリンが流れ込みます。そのため、オーバーフローパイプの高さよりガソリンが入り込むと、外に排出する仕組みになっています。

この画像が掲載されているまとめ

この画像が掲載されているまとめ

TOPへ