1.ヒートシンクを取り付ける主にメーカーがこの方法をとっています。個人でヒートシンクを取り付けるのは難しいですが、熱伝導率の高い銅版などをレギュレータとフレームの間に挟み込めば、放熱面積も広げる事ができますね。表面積を増やすと更に放熱効率が上がります。

この画像が掲載されているまとめ

この画像が掲載されているまとめ

TOPへ