ダストシール及びオイルシールを外します。このとき、内部を傷つけないように気をつけてください。傷つけてしまうとブレーキオイルがそこから漏れたり、ピストンの動きが悪くなります。慎重に行いましょう。

この画像が掲載されているまとめ

この画像が掲載されているまとめ