チェーンの状態で燃費も変わる!バイクのチェーンオイルについて。

みなさんは、チェーンもバイクの燃費が左右されることをご存じでしょうか?チェーンを良い状態に維持することで、バイクの燃費の向上も期待できます。チェーンのメンテナンスには、チェーンオイルがかかせません。今回はたくさんあるチェーンオイルを紹介します。

バイクのチェーンの働き

バイクのとってチェーンは欠かせないパーツの一つです。
チェーンは後ろタイヤにエンジンの力を伝えてバイクを走行させる役割があります。
このチェーンメンテナンスを怠ってしまうと、快適に走ることが出来ず、事故を起こす危険が高まります。
安易に考えずに、しっかりとチェーンについて勉強してメンテナンスを行いましょう。

チェーンのメンテナンスに欠かせないチェーンオイルを上手に利用して、
定期的にメンテナンスをしましょう。
目安は、1000キロまたは1か月感覚で清掃や注油を行うと良いでしょう。

チェーンメンテナンスの基本チェーンオイル。

チェーンのメンテナンスと言っても何をすればいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか?
チェーンのメンテナンスは、ブラシでバイクのチェーンの汚れを落としたら、
チェーンオイルを噴きかけるのが基本のメンテナンス方法です。

写真のようにチェーンオイルを噴きかけていきます。後ろのパーツに余分なチェーンオイルがかからないように注意しましょう。チェーンのメンテナンスには、ペーパータイプよりウエスを使いましょう。
ボロボロになりにくいので、使い勝手が良いです。

市販されている様々なバイク用チェーンオイル

チェーンオイルといっても市販されているチェーンオイルはたくさんあります。
ここでは、市販されているチェーンオイルをいくつか紹介していきたいと思います。
純正用も販売されていますが、多くのライダーは純正用にこだわらず、市販の汎用のものを使用しているようです。
様々なタイプが販売されていますので、自分のバイクに合ったものを選びましょう。

チェーンオイルはチェーンルブとも言われています。
同じですので、戸惑わないように覚えておきましょう。

WAKOSワコーズ CHL チェーンルブ

バイクや車業界では有名なワコーズのチェーンオイルです。
逆さまにしても使用できるので、バイクの届きにくい所にも噴きかけることができます。
防錆・潤滑効果があります。

RISEライズ チェーンオイル SLFC typeSS

噴きかけるタイプではなく、1滴づつ使用するタイプです。
値段が少し高めですが1回の使用料がスプレータイプより少なく、チェーンを洗浄する回数も減らすことができるオイルです。

SUPER ZOILチェーンルブ

添加剤といえば「スーパーゾイル」のチェーンオイルです。
シールチェーンにも使えます。

モトレックス チェーンルブ 622

オフロードバイク専用のチェーンオイルです。
30分置いておくと、自然とグリス状になり飛び散りを防ぎます。
泥汚れにも強いので、チェーンを泥から守ります。

ホワイトタイプと言われるバイク用チェーンオイルは、噴きかけた後、チェーン白くなります。
噴きかけた箇所が明確にわかるので便利です。
好んでホワイトタイプを使用する人も多くいます。

チェーンオイルの噴射口の先につければ、オイルをムラなく噴きかけることができます。
バイクメンテナンスの便利グッズです。

チェーンオイル注油時の注意!!

チェーンオイルを用意したら、バイクに注油します。
この時に、注意しなければいけないことがあります。

チェーンには遠心力が働きます。
内側から噴きかけることで、細かい部分にまで浸透させることができます。

チェーンオイルを噴きかけるときには、浮かせた後輪を手で廻しながら噴きかけていくと効率よくかけることができます。
スタンドがあれば便利ですね。

チェーンオイル注油後の注意!!

チェーンオイルを噴きかけたあとは、余分な油分を取り除きます。
その時に、噴きかける時同様後ろタイヤを手で廻しながら、
チェーンを回転させて拭いていきます。
必ず注意しなければいけないのが、バイクのエンジンをかけないように注意してください。
バイクのエンジンをかけてしまうと、手が巻き込まれてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

バイクのチェーンオイルの基本は理解できたでしょうか?

チェーンメンテナンスの大切さはお分かり頂けたでしょうか?
最後に、チェーンはバイクを安全に走行する上で欠かせないものです。
メンテナンスをしっかりして、バイクの良い状態を維持するようにしましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ