ホンダの人気車エイプ50。エイプ50のマフラーはどんなものがあるの?

5速ミッションにプロリンクリアサスペンションなど、気軽に本格的な走りが楽しめるエイプ50。今回はそんなエイプ50のマフラーに注目してみました。原付クラスのMTで人気のエイプ50のマフラー紹介です。エイプ50のマフラーメンテナンスや、おすすめマフラーの紹介です。

エイプ50ってどんなバイク?(エイプ50の概要)

エイプ50

エンジンはCB50系の空冷4ストロークSOHC単気筒だが、CB50に比べ大幅に低回転域のトルクを重視したモディファイが行われている。2007年12月7日にモデルチェンジされ、自動車排出ガス規制(平成18年国内二輪車排出ガス規制)に対応させるためエンジン系統に燃料噴射装置と触媒を装備させたが、カタログ上の性能値はほぼ維持された。また燃料噴射装置の装備により、バッテリーを搭載した。その他、車体色も変更されている。

エイプ50の主要装備

エイプ50 エンジン

タフで信頼性の高い空冷4ストロークOHC 単気筒直立エンジンに、環境性能に優れ経済的で好燃費な走りを実現するPGM-FIを搭載。全回転域での理想的な燃焼コントロールにより、発進や加速の際にも力強さを発揮。また、エキゾーストパイプ内に採用した触媒装置とあわせて、エイプ50のエンジンは環境への配慮も徹底している。

エイプ50 PGM-FI(Programmed Fuel Injection System)

PGM-FI(Programmed Fuel Injection System)
電子制御による燃料噴射装置。大気の状態やエンジン回転数などから、コンピューターが常に理想的な燃料の使い方をコントロール。燃料を最適な量とタイミングで供給するので、エンジンのパフォーマンスを効率よく引き出します。

エイプ50のノーマルマフラー音

エイプ50の純正マフラー音です。
まずは純正エイプ50のマフラー音をどうぞ。

エイプ50純正マフラー音

いかがでしょうか?エイプ50の純正マフラー音でした。エイプ50の一番性能が出せるのは純正マフラーです。

エイプ50のマフラーメンテナンス

エイプ50 マフラー画像

遅かれ早かれ、バイクのマフラーは焼けたり、錆がでます。これを如何に最小限におさえていくかが、手入れの見せどころです。年季が入っていたほうが、カッコイイという考えもありますが・・

マフラーのサビへの対処方法

日本磨料工業株式会社 ピカール液

この商品を使って、マフラー部分を丁寧に磨くと、サビ予防にもなりつやが出ます。マフラー以外の金属部分でも使用できるので、1本あると便利です。

サビないように予防が大事です!

やっぱり基本は洗車です。泥や汚れが付いてると塗装をダメにして腐食が始まります。マフラーだけでなく各部を小まめに磨いたり、傷が付いてたらタッチアップして綺麗に乗りましょう。水滴も残さず拭きあげることが大事です。

こまめなメンテナンスは面倒ではありますが、あとあと苦労するよりは、日々のメンテナンスでサビがつかないようにする方がずっと楽です。エイプ50のマフラーをきれいな状態で保つ秘訣です。

マフラー交換のメリットとデメリット

エイプ50純正マフラー

マフラー交換のメリットとしては、
①車体全体を軽くすることができる。
②自分の好みの形状を選べる。
③排気音に迫力を出すことができる。
④自己主張をすることができる。

デメリットとしては、
①車両全体のバランスがくずれることがある。
②純正マフラーより耐久性が劣るものもある。
③排気ガス規制や車検に対応していないマフラーもある。

エイプ50にこんなマフラーはいかがでしょう!?

エイプ50におすすめのマフラーをいくつか紹介してみたいと思います。

BEAMSビームス:SS300 フルエキゾーストマフラー

【素材】
エキゾーストパイプ:SUS304ステンレス(ポリッシュ仕上げ)
音量:80db
80db/スタンダードバッフル(装着済)
84db/セミレーシングバッフル(オプション)
90db/バッフル非装着時
センタースタンド:○
フィラーキャップ:○
ドレンボルト:○
オイルエレメント:-
カウル:○

見た目はカスタム感が出ます。音量についてですが、バッフルを外した状態は大きいようです。低音が効いた渋い音になります。さびにくいステンレス製で、細部まで綺麗に丁寧に作りこまれていて、おすすめのマフラーだと思います。

RPM:RPM-67Racingフルエキゾーストマフラー

規格:一般公道走行不可
フィッティングタイプ:フルエキゾースト
エキゾースト材質:スチールメッキ
テール材質:スチールメッキ
サイレンサーサイズ:φ67×250
マフラー重量:2kg
オイル交換:○
近接排気騒音値:92db

ショート管とは違い、「音色」を奏でるマフラーです。他のきちんとしたサイレンサーのあるものとも違う独特なマフラーです。先端のサイレンサーをつけているときちんと消音された直管の音になります。

WirusWinウイルズウィン:テイストマフラー

サイレンサー素材:ステンレス
音量:バッフル装着時86dB/バッフル非装着時90dB
【付属品】
消音バッフル標準装備

装着が割と簡単なマフラーのようです。音はバッフルを着けずにエンジンをかけると、とても大きいようです。

YOSHIMURAヨシムラ:機械曲チタンサイクロン

まだまだエイプ50に取り付けられるマフラーはあります。価格や形状など好みはひとそれぞれです。お気に入りのマフラーをご自分のエイプ50に取り付けるのが一番ですね。

いかがでしたでしょうか?エイプ50は軽量で比較的維持しやすいバイクだと思われます。バイクのカスタムはマフラー交換が入り口のような気もします。エイプ50に取り付け可能なマフラーは様々です。実際に取り付けて動かしてみないとわからない部分もありますが、エイプ50を楽しくカスタムできるといいですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ