軽量ボディでスポーティな走りを生み出すYAMAHA・MT07をカスタム!

シンプルかつ軽量なエンジンに、軽量ボディ設計と質の良い燃費性能を誇るYAMAHA・MT07。軽いうえにパワーも抜群。カスタムパーツも豊富にあり自分好みのバイクにできます。今回は初めての方にもわかりやすくYAMAHA・MT07のカスタムについて紹介していきます!

YAMAHA・MT07はこんなバイク!

YAMAHA・MT07をカスタムする方法などを紹介していくのですが、その前に!YAMAHA・MT07は一体どんなバイクなのか、少し触れていこうと思います。

YAMAHA・MT07はMTシリーズ第2世代としてMT09とともに開発されたオートバイ(大型自動二輪車)です。北米市場ではFZ07の社名で販売されてます。
直列2気筒のエンジンに、徹底的な軽量化と全体のダウンサイジングが図られていて、車両共に大きさは発売時の日本国内400CCクラス車両に匹敵するスペックになっています。

新車価格(メーカー希望小売価格)MT07ABS 74万9520円 MT0769万9840円

YAMAHA・MT07の特徴

水冷・DOHC・直列2気筒・4バルブ・270度位相クランク・フューエルインジェクション搭載、689㎝³エンジン。粘り強いトルク特性をもち、軽量なエンジンを搭載しています。
燃焼系の最適化に加え、オフセットシリンダーや軽量ボディ設計等優れた燃費性能を実現。
なんといってもとにかく軽くてコンパクトなエンジン、低重心設計により、軽快感に優れた従順で高質なハンドリングを支えています。

とにかく軽く、この性能でこの価格、抜群のコストパフォーマンスです。カスタムパーツも多様に販売されているので、自分好みにカスタムしやすいバイクがMT07です。

まずはどこからカスタムすればいいの?

MT07について少し触れていきましたが、カスタムと聞くと難しいと感じる方も多いのではないでしょうか?
そんな方でも気軽に手を付けられるものからご紹介していきたいと思います。
その前に、どういうコンセプトでカスタムするか、考えてみましょう。

ノーマルのMT07をどうカスタムしていくか想像してみる。

YAMAHA・MT07 マットグレー
まずはノーマル状態のMT07を見て、どうカスタムしていきたいか想像してみましょう。
スポーティな感じにしたいか、乗り心地を重視したいか、カラーを変えてみるか、派手にしたいか等、沢山イメージできるかと思います。その中で何を一番に重視してどのようにカスタマイズしていきたいかを想像してみましょう。

イメージをしっかり固めよう。

どんなバイクにしたいかを考えたら沢山イメージがわいてくるかと思いますが、実際カスタムするまではどういったバイクになるかはイメージしにくいですね。なので、雑誌やネットなどでいろんなMT07のカスタムバイクを見てみましょう。カスタムの仕方は人それぞれ、なのですべてのカスタムバイクに個々の良さがでているので、色んなバイクを見るのも参考になります。お手本のバイクを一つ見つけて、パーツごとに自己流に変えていくのもアリですね!まずはバイク全体のイメージをしっかり持ちましょう。

カスタムする際に気を付けること

カスタムパーツは、ネットやショップに売っているだけでもかなりの数と種類があります。値段も高価なものから安価なものまで幅広くあります。ですが、ここで気を付けなくてはいけないことは、値段が安いからと言って社外品パーツを次から次へとつけて行ったり、値段が高くてもつければつけるほど良いというわけではありません。社外品パーツをどんどんつけていくだけでは、性能が悪くなることがあるのです。

YAMAHA・MT07
性能重視のマフラーにコスト重視のブレーキを取り付ければ、パワーは出ますが止まりにくくなります。
また、リアサスペンションだけ交換した場合、フロントとのバランスが悪くなったりします。なので、ただ気に入ったパーツをどんどん取り付けていけばいいという事ではありません。全体のバランスを考えて、カスタマイズしていくことが重要です。

YAMAHA・MT07、初めてでも簡単カスタム。

カスタムする際に気を付けることを踏まえたうえで、イメージが固まってきたら次はカスタムの紹介をしていきます。カスタムをする順番などは特になく人それぞれ手を付ける場所が違うと思いますが、まずは気軽に手の付けられるものから、初めての方におすすめのカスタムを紹介していきます!

初級は、ミラー&ウィンカー交換!

初めてのカスタムは、安価で交換しやすいミラーやウィンカーが定番になります。お金もそんなにかけず手間もかからず交換できるので、初めてでも安心です。気軽に交換できますが、ミラー一つ変えるだけでもイメージはガラリと変わり、機能性にも変化が出せる重要カスタムパーツです。

初めては、種類が豊富なナポレオンミラーがおすすめです。

出典:http://www.tanax.co.jp

MT07のウィンカーは、変えるだけで見た目のイメージや明るさを手軽に変えることができます。明るさ一つで印象がとても変わるので、カスタムしていくのが楽しくなってくるかと思います。
ミラーとウィンカーを交換するだけでも、雰囲気は一変します!
明るさに関しては、日々の安全ともに周りのドライバーの安全のためにも、適正のものを選ぶように気を付けてくださいね!

MT07 中級は、マフラー交換!

さて、ウィンカーとミラーの次はマフラー交換についてみていきます。カスタムには欠かせない定番のマフラー交換ですが、マフラーを交換することによって、パワーアップ、軽量化があげられます。パワーがあがり軽量になるので、より走りやすくなります。
そして何より、マフラーを交換することによって車体のイメージが決まってきます。
更にトルク(馬力)の向上、排気音の変化を求める方におすすめです。
なので、マフラー交換はたくさんのメリットがあると言えますね。

マフラーには2タイプあり、「スリップオン型」と「フルエキゾースト型」とあります。ではこの2タイプを踏まえてマフラーを変えていくとどのように変化していくのでしょうか?

MT07 スリップオン型タイプ

YAMAHA・MT07 スリップオンマフラー CONICAL XTREAM
簡単に言うとスリップオン型は先端のパイプ部分のマフラーで、比較的取り外しが容易なタイプになります。
フルエキゾースト型に比べると、安価で手に入りやすく、トルクや排気音の変化もある程度求めることができるタイプになります。見た目重視の方にお勧めです。取り外しも比較的簡単なので、挑戦しやすいかと思います。

MT07 フルエキゾースト型タイプ

AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ)フルエキゾーストマフラー レーシングライン(カーボン) MT07
フルエキゾースト型はエンジン部分から先端まで、マフラー一式を交換するタイプになります。
パワー、排気音を抑えるのもスリップオン型より優れているので、値段はその分高価ですが性能を求める方にはこちらをおすすめします。決して安価なものではないですが、より高性能なものを目指すにはぴったりだと思います。

バイクのパーツを取り扱っているメーカーさんは数多くありますが、その中でも有名なのは、「ヨシムラ/YOSHIMURA」、「モリワキ/MORIWAKI」、「アクラポビッチ/AKRAPOVIC」、「OVERレーシング」等があります。どれも有名なので、知ってる方も多いと思いますが、参考までにご紹介します。

ヨシムラはレースなどで、スズキのバイクのマフラーを提供していることから、「スズキのバイクとの相性が良い」とされています。レプリカ、ネイキッド、ツアラーバイク向けのマフラーメーカーが合います。

モリワキも、ヨシムラと並びかなりの有名メーカーで、ホンダのバイクとの相性が良いと言います。モリワキのマフラーはボディに特徴があり、黄色から青色のグラデーションのようなものが多く比較的わかりやすいです。

アクラポビッチは、一般的に見ると知名度は低めですが、プロの間では有名なようです。かなり上質な性能で、一車種について100回以上のテストを繰り返すなどクオリティの高さを維持しており、
多くのプロ公認のメーカーです。

OVERレーシングという名は、「ライバルを超えたいという願いからつけられたものだそうです。具体的にどんなマフラーかというと、エキパイ部分をばら売りしていて、転倒などによる破損時に、破損箇所のみの交換が可能でかなり融通が利いています。値段は安いとは言えませんが、上記に比べるとやや安いので、そこも含めてお得になります。

MT07 シートで存在感を!

カスタムするならシートは重要!シート一つ変えるだけで、存在感も乗り心地も一層よくなります。安定した乗り心地に、運転のしやすさなども加わりメリットは沢山!存在感も抜群なのでカスタムには重要なものと言えます。

YAMAHA コンフォートシート MT07
赤いステッチがオシャレなシートですが、乗り心地は人それぞれのようです。
固めのシートが好みの方や柔らか目のクッションがあるほうが好きな方と個人によってバラバラですが、赤いステッチにスマートなシートで存在感抜群です!

シートにもいろんなメーカーさん、種類がありますが、シート一つで確実に乗り心地や雰囲気は変わってきます!しっくりくるシートを付ければ、今まで以上に運転も楽しくなりますよ!

自分色のMT07カスタムバイクで楽しく走ろう!

ほんの少しですが、MT07のカスタムについてご紹介しましたが、いかがでしたか?
MT07カスタムについて、ここまで記載したものはあくまでほんの一部です。MT07というバイクもカスタムも、とても奥深く、素晴らしいもので、書ききれないほどの魅力がたくさんあります。

YAMAHA・MT07
カスタムをすることにより、ノーマルとはまた違う自分の味を出すことができます。今まで憧れていたカスタムバイクを自分好みにカスタムすることができるのです。MT07のバイクも、ノーマルでもとても性能がよく素晴らしいバイクです、なのでよりカスタムしやすいバイクと言えるかもしれません。イメージがはっきりわかない場合でも、雑誌やネットで沢山情報が行き交っています。自分にあったスタイルがきっと見つかるはずです。また新たな発見もあるはずです。いろんなカスタムパーツを見て悩むことも、カスタムバイクの楽しみです。まずは楽しんでカスタムをしていきましょう!

MT07はとても軽く乗りやすいバイクです。見た目も十分かっこいいですし、機能もとても優れています。ですがそこに、自分の好みのパーツを取り入れ、自分好みのMT07にカスタムしていくことで、より楽しい運転が実現できると思います。MT07で憧れのカスタムバイクを作ってみてください!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ